福島原発事故

東北太平洋沖地震直後に発生した福島第一原発事故ですが、何が真実なのかと考えさせられます。

2日前からもTwitterやFacebookにて、様々な情報が錯綜していました。どこまで本当なのか?と思うような情報もありました。
ただ気になるのが、日本(政府・東電・保安院)で発表されていることと、海外で報道されていることに大きく違いがあることです。日本では『身体に影響するほどの事態では無い』と言うが、諸外国の対応は自国民に早急な国外退避を勧めている。この違いは何なんだ?と感じる。

この2日で原発について考えさせられることも多くあった。今から4年前にも共産党福島県委員会が東京電力に申し入れをいた。既に今回の事件を予測してる。
特に、4項目目を注目。
福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ

また、『原子炉時限爆弾』(ダイヤモンド社)の著者でジャーナリストの広瀬隆氏も、今回の件について特別レポートを書いている。
破局は避けられるか――福島原発事故の真相

「想定外の事象」と言われているが、決して想定外でなく想定内のようだ。
耐久年数10年の原子炉を40年も使い続けてきているなど、国民に広く知らされないまま『安全』や『クリーンエネルギー』と洗脳されてきただけのようだ。
原発反対論者になるつもりはないが、国の1/3の発電を原子力でされている以上は、全てを止めることも出来ない。既存の原発がある限りは、使用済み燃料を含め関わり続けなきゃならない。

この事件をキッカケに、もっと正しい知識を見に付けならなきゃならないだろう。それが他国との大きな違いなのかも知れません。



当院おすすめインフォメーション!

O脚の種類


日本人女性の9割がO脚と言われていますが、
確実に矯正できる治療院がなかったり、
すぐにリバウンドしているのが現状です。


これまで、そんなO脚でにお悩みだった女性には朗報です!
『確実に矯正されてつつ、リバウンドがしない方法があるんだよ!』
ということを知って頂きたくて、期間限定で料金半額のモニターを募集しています。

O脚矯正


詳しくは、『滋賀大津O脚矯正サロン めぐり整体所』のホームページをご覧ください。