一昨日のこと、急きょ和歌山の病院へ行くことになり、店を早々と閉めてインターチェンジへ
向けて車を走らせた。いつもは家から近いこともあって京都東ICへ向かうのだが、店から
だったので京滋バイパスの石山ICへ向かった。

石山寺の少し手前当たりで、目にスコーンと入ってきた看板の文字があったのです。
それは、薬膳料理のお店で『喫茶去(きっさこ)』という文字でした、インパクトが強く入りました。
私の中では、先日の日記にも書きましたように、数年後には薬膳に関わることになるだろうから
特別に目に入ったくらいに思っていました。
言葉の響きも良く、『どんな意味なんだろう?』と思いながら通り過ぎました。

そして1日経った昨日、京都のお坊さんとお話を伺う機会がありました。
色々とお話をして下さったのですが、話の中でいきなりに『喫茶去』の話をされるのです。
不思議でしょ?(笑) こんなことが良くあるんです! 導きだったのでしょう。

『喫茶去』とは、『お茶でもどうぞ・・・。』という意味だそうです。
先程、ネットで調べると禅宗の言葉だそうです。

現実の世界は、[良い悪い]・[勝った負けた]・[得した損した]・[裏表]など二元対立の世界です。
その中でも最たる二元対立は[生死]です。
そのような二元対立に振り回されずに、『お茶を飲みなさい。』という事だそうです。
お茶を飲む時には、二元対立はありません。目の前にあるお茶に向かうだけのことです。
厳密には[熱い冷たい]・[美味い・不味い]の二元対立もありますが、『ただ静かに向かいなさい。』という事だそうです。

二元対立の現実に振り回されることなく、平常心でありなさいということです。
絶対平等の心こそ『喫茶去』なのだそうです。
釈尊(お釈迦様)は、どんな状況であろうとも『善いかな。善いかな。』と申したそうです。

師匠の村松先生も同様の話をされていました。ブログの最後に書いておられました。
どんな時も、『結構でんなぁ~。』と思いなさいと・・・。
これは、悟りの境地だそうです。

とても素敵な言葉を教えて頂きました。ありがとうございます。

ご予約・お問合せ / 滋賀県大津市めぐり整体所

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

【無料】姿勢矯正コース体験会

間違いだらけの靴とカラダの関係」について、体験しながらお話します。

随時開催中!(予約制)
テーマ :『間違いだらけの靴のお話』
定員  :5名様まで(お電話でご予約下さい。)

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰・股関節・膝が痛くて歩けない。
  • 杖・押し車が無いと歩けない
  • つまづき、よく転倒する。
  • ケガをするのは、決まっていつも右側(左側)。
  • 姿勢が悪いと言われる。
  • 前後左右、重心が崩れてる気がする。
  • 筋肉を鍛えているのに、バランスが悪い。
  • 練習するのに、スポーツが上手くならない。
  • 有名メーカーのシューズなのに、違和感がある。
  • オーダーメイドの靴なのに、良くなった気がしない。

もし、こんなお悩みなら当院へすぐにご相談ください。