出雲大神宮本殿
7日の朝、京都府亀岡市にある「丹波國一之宮 出雲大神宮」へ行ってきました!
行くキッカケとなったのが、以前に霊能者から頂戴した清め塩が残り少なくなって、
自分で作ろうかと思っていたところ、たまたま昨年にインターネットで知り合った方に、
清め塩をお分け頂ける神社があるとお聞きして、亀岡まで行ってきました。


京都なのになんで出雲?と思いながらも行き方などを調べようとホームページを見てみたら、
『日本一の縁結び 京都の縁結び神社』のキャッチフレーズ。行く前からワクワクしました。(笑)


丹波國一之宮とあったので、古い神社をイメージして行ったのですが、石碑や鳥居などが
新しい感じで、社殿も特別古いという感じもありませんでした。


夫婦岩(出雲大神宮)
 
大國 恵比須舎(出雲大神宮)
 
授与所(出雲大神宮)


ただ、ご神体が御蔭山であるらしく、本殿より奥に行くと趣がガラっと変わる印象です。
特に私は、磐座(いわくら)と御蔭の滝に強くパワーを感じました。
(カメラを向けるのは恐れ多い気がしたので、撮影していません。)
磐座もいくつかありますので、ぜひ手をかざしてみてください。
霊感のない人でも感じると思いますよ。たとえ感じなくてもかざしてくださいね!


そしてパワーというより、心が和んだのは笑殿社(わらへどのしゃ)。
私のための祠のようです。商売繁盛の神様と医薬・健康の神様が祭られています。


笑殿社(出雲大神宮)


初めてお参りしたので知らなかったのですが禁足地があり、社務所でタスキを
お借りしないと行けない所もありました。そこに行けば、もっと凄いパワーを
頂けたかもしれません。そこは次回のお楽しみにすることにしました。
個人的には、山手の方が私が好きな空気です。


初詣の近江神宮では小吉だっただけに、リベンジ目的でおみくじを。
嬉しいことに大吉でした。これでリベンジできました。(笑)


おみくじ(出雲大神宮)


最後に目的のお札と清め塩を授かりました。
(お札は千円。清め塩は500円)


お札(出雲大神宮)
 
清め塩(出雲大神宮)


これからも清め塩をお分け頂くためにお参りをすると思います。
できれば、縁結びのお礼参りとして行けたら最高ですね!
どうなるか、こうご期待!(笑)