昨日は雨ではありましたが、お彼岸なのでお墓参りに京都市西京区まで。
ここまで来たら亀岡まですぐなので、プチお礼参りで出雲大神宮へ。
(そうです。ちょこっと良い出会いがありました。)
不思議なもので、お墓に近づいたり、神社に近づくと
雨が小降りになります。とてもありがたかったです。感謝感謝です。
ありがとうございました。


ちょうど参拝も済んだ頃、お昼を回っていたのでご飯にしようと思うが、
特に食べたいものって無いんですよね。ましてお一人様ですし。
ってことで、学生時代に慣れ親しんだカレーがイオン久御山店にあるので、
遠いけど(かなり遠回りだけど)、下道で久御山を目指しました。


ちょうど30年前は大学生で、金沢にある学校へ行ってました。
慣れ親しんだカレーというのは俗に言う『金沢カレー』です。
その中でも、大学の近所に本店があった『カレーのチャンピオン』が
私の学生時代の味なのです。通称チャンカレを親しまれています。
私の学生当時の屋号は『タナカのターバン』でした。


チャンピオンカレー
『金沢カレー』との特徴としては

  • カレーのルーがご飯を隠すように盛られている。
  • カレーのルーがドロッとしている。ご飯に乗っかるイメージ。
  • フォークまたは先割れスプーンで食する。
  • ステンレスのお皿にカレーが盛られる。
  • キャベツの千切りが付け合わせでカレーの上に乗っている。
  • カツカレーのカツは、ソースがかけられている。

だいたいこんな感じです。
京都市であれば、他にも「ゴーゴーカレー」「ターバンカレー」
「カレーの市民アルバ」があり、金沢カレーを味わうことが出来ます。


でも、私はチャンカレしか食べません。他は食べたくないのです。
なぜなら、もともと金沢カレーが好きではないのです。(@_@;)
というのは嘘ですよ!(笑)
懐かしさで食べている感じです。
思い出があるからこそ、食べたくなるのです。


今までは、金沢へ行く機会があった時にだけ食べていました。
自宅からは少しありますが、京都で食べれるとあって、
イオン久御山店まで来ましたが、やはりフードコートという
こともあって、思い出に浸れる雰囲気ではありませんでしたね。
騒がしすぎる。( ;∀;)


コップもお店ならカラフルなプラスチックのコップですが、
フードコートなので紙コップなのです。
やはり寂しかったなー。というのが私の印象。


どうしても食べたくなったら、また久御山まで行くかもしれませんが、
当面はないかな?
やはり思い出で食べるなら金沢まで行くしか無さそうです。
まぁ、こんなことも言えるのも行かなきゃ言えません。
そういう意味では、実感できてよかったと思ってます。ご馳走様でした。


〒613-0024 京都府久世郡久御山町森南大内156−1