ちょうど一年前、姉が脳出血で倒れました。あれから一年です。

去年の今日は、大津は雪が降っていました。和歌山に住む姉の近所の方が、大津の電話番号を調べて知らせて下さったのです。

手術をするにも家族の同意が必要とのことで、早く来て下さいと言われましたが、こちらは雪が降って道は渋滞していまいた。同居する母に、『電車の方が早いかも知れへん』と車が進まない状態で四苦八苦してたのです。滋賀を抜けるとウソのように雪は無く、和歌山まで飛ばして走ったのが昨日のようです。

3月末に大津市の病院へ転院し、10月中旬に退院して今に至ります。まだ、右半身も言語も障害がありますが、小さな進歩をしながらの毎日です。この一年で、家族全員が沢山のことを学んだ気がします。

家族が皆元気であると当たり前に思えることも、一人が病気になると歯車が狂ったように生活が一変します。『私は大丈夫!』という言葉は、家族であっても信頼できるものではありません!

『大丈夫?』と聞けば、強がりの人ほど『大丈夫!』と応えます。見えない所で我慢していることがあります。家族が一声かけることや、気にかけることで救われることは沢山あるはずです。

どんなに大切なことがあっても、体を壊したり死んでしまえばお終いです。自分のことだけでなく、自分の大切にしている人をも悲しませないためにも、どうぞ無理をせず体を休めて下さい。

こんな日記でも、読んで下さる人がいらっしゃったら、是非思い返して下さい。あなたは、あなただけの体では無いことを考えて下さい。



当院おすすめインフォメーション!

O脚矯正モニターを毎月3名限定で募集します!

【O脚矯正モニターの条件】

  • O脚であること。(X脚は今回は別)
  • 施術前後の写真がOKの方。(顔は撮りません。)
  • 視察目的や同業者でないこと。
  • アンケートやご感想・クチコミを書いていただける方。
  • 毎週1回(10回程度)の通院ができること。
  • 5回分の料金(20,000円)を先払いできる方。
    6回以降の支払いは、その都度1回4,000円です。


詳しくは、モニター募集のページをご覧ください。