前回の補足として、自宅のPCはデスクトップなので、無線LANが必要なのです。

販売店へ電話をすると、初心者と思われたのか色々と説明を受けました。話す内容が初心者では無いと分かったのか、商品の返金を受け付けてくれる話になりました。
販売店へ持参し担当者と喋っていると、このタイプで繋がらなかったら別の物でも繋がらないみたいな話なんです。(それなら今までの無線LANは、遅いながらも何だったんだ?)

それで結局、『子機も古いタイプだし親機と同メーカーの新型を使用した方が繋がるのでは?』という話になったのです。それで『子機を購入してみては?』ということです。
販売店も勧めたものの繋がらなかったら信用にもかかわるということで、これで繋がらなければ、親機はメーカーの返金制度で返金してもらい、子機は販売店で返金に応じると言うのです。

koki

このまま自宅でのネットを1ヶ月我慢を考えたのですが、なんか淋しい気もするので購入しました。
家に帰って早速設置してみると、確かに電波は受信します。
繋がるんですけど、電波状況が「非常に弱い」という最低レベルしか受信しません。(T_T)

すぐにフリーズします。ADSLどころか電話回線ダイヤルアップ並みのレベルです。まぁ、1ヶ月後には有線LANになるので少しの我慢ではありますが、技術の進歩を疑うような出来ごとでした。私の思った感想ですが、以前のタイプは一定方向に電波を飛ばすことに長けていた気がします。

最新型は、パワーアップはしているんでしょうが、親機を中心に全方向へ飛ばしているようです。
ついつい新しいから良いと思いがちですが、利便性が悪くなる一つを垣間見たように思います。
ネットを始めたころ(表示が遅い)を思い出しながら、もう少し我慢しようと思います。

※当面の間、メールの返信が遅くなることがありますので、ご了承下さい。



当院おすすめインフォメーション!

キャンペーン企画