肩書き

時折、他人と挨拶する時に自分の仕事や肩書きを考えることがあります。

「院長?」・「代表?」と自分では何とも思っていなくても、聞かれると困ります。
一昔前は、「肩書き」と言うものに憧れていた時期もありました。カッコイイ肩書きが欲しくて欲しくてたまりませんでした。
そりゃ、「副店長」よりも「店長」が良いし、その上ならもっとカッコイイなんて思っていました。
それも仕事の内容どうこうなんて関係なく、ただ単に「見栄え」として欲しいと思っていました。
他人から自分を良く見せたいだけだったのです。若気の至りでしょうか?(笑)

今でも、以前の私のように「肩書き」が大好きな人に出会うことがあります。
時には「肩書き」に振り回され、時には「肩書き」に酔い、見ていると哀れに感じることもあります。
昔、ワイドショーで取り上げていた経歴詐称の問題もありましたが、好きな人もあるようです。
○○大学の名誉教授という称号も、お金を払えば頂けるそうです。そんな教祖もいるようです。
私たちの業界にもあるようです。技術も勿論あるようですが、数百万払って称号を貰うようです。

私的には、『私は、これこれ○○と言う者です。』と言われても、『そうなんですか・・・。』と言うだけです。驚くことも無くです。(すいません。愛想がなくて・・・。)
名刺の「肩書き」に、自分で『カリスマ○○』と書いている人もいました。
自分で思うのは勝手ですが、『押し付けられても・・・。』という思いがします。
そんな性格だからでしょうか? 893の親分さんから気に入られることもあれば、かつては誰もが知る有名人から気に入られたこともありました。

「肩書き」がどうこうじゃなくて、その人の魅力しか見ていません。
有名であろうと無かろうと、金持ちであろうと無かろうと気になりません。
逆にそうだから、意外な人から気に入られたのかも知れません。
それだけ普段は、チヤホヤされているのでしょう。そして、色んな人を見て来たのでしょう。
ゴマをすることも無く、驚くことも無いのでインパクトが強く感じるのかも知れませんね。(笑)

踊れこそしませんが、『歌って踊れる整体師』と名乗ることもありますが、もしどうしても「肩書き」を付けなさいと言われることがあれば、『CAPTAIN』かなぁ。と思います。
とりあえず、堅苦しい「肩書き」だけは嫌いなのです。
私の言う『キャプテン』とは、『船長』という意味での『CAPTAIN』です。

『健康になりたいという気持ちを心底思っている人達を導きたい。』という思いからです。
まぁ、これからも「肩書き」で仕事をする訳でもありませんから、今まで通りです。
私の名前や私自身が「肩書き」であって、それ以上でもそれ以下でもありません。

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

無料体験会

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰・股関節・膝が痛くて歩けない。
  • 杖・押し車が無いと歩けない
  • つまづき、よく転倒する。
  • ケガをするのは、決まっていつも右側(左側)。
  • 姿勢が悪いと言われる。
  • 前後左右、重心が崩れてる気がする。
  • 筋肉を鍛えているのに、バランスが悪い。
  • 練習するのに、スポーツが上手くならない。
  • 有名メーカーのシューズなのに、違和感がある。
  • オーダーメイドの靴なのに、良くなった気がしない。

もし、こんなお悩みなら当院へすぐにご相談ください。

9割以上の人が、間違えた靴選びをしている!

35年間スポーツメーカーのシューズを研究されてきた方が、が仰ってました。
『日本人の9割は、「間違いだらけの靴選び・履き方・歩き方」をしています。』と。


その方のお話をお聞きする機会があり、衝撃的なお話をお聞きし、実際に私も
体験させて頂きました。靴を履いた瞬間に体幹が整ったことを実感しました。
これまでも整体師として、何千人も体幹を矯正してきましたが、
一瞬で体幹を整うことに驚愕しました。下手の整体師より凄いです!


これまで一般的に言われてきた常識とななんなのか?と思ったほどです。
巷にあふれる靴を見ても、形状そのものが間違えていると気が付きます。
ほとんどの靴が間違えているのだと。体がよくなるハズはありません。

あのリオオリンピックやWCロシアの日本代表選手も

スポンサーの関係で公にできませんが、リオデジャネイロ・オリンピック
でメダリストとなったあの選手も、WCロシアに出場した日本代表の
あの選手も履いているとのことです。あなたもご存知の選手です。


どの選手も選んだ理由は、『海外のパワーがある大型選手に体当たり
されても倒れなくなったから。』
といのが大きな理由だそうです。
数々のオファーがある中から、超一流選手が選ぶって凄くないですか?
もともとスポーツ選手に開発された物ですが、体幹の崩れた高齢者が
多くいることを知って、私たち治療家に広めて欲しいと依頼があった物です。
間違えた靴を選ぶと体は悲鳴をあげ続けます。それでもその靴を履き続けますか?


正しい物を選べば、自ずと体は本来の状態の戻ろうとします。
再現性が高い物なので、どなたでも同じ結果が出ます。一度、体験してみてください!

【無料】姿勢矯正コース体験会

「間違いだらけの靴とカラダの関係」について、体験しながらお話します。

随時開催中!(予約制)
テーマ :『間違いだらけの靴のお話』
定員  :5名様まで(お電話でご予約下さい。)