類

昔から『類は友を呼ぶ』という諺があるように、人は孤独に感じると同類の仲間を身近に置きたがるものです。

世界各国でも同様の諺があるようです。
どちらかと言うと私は、自由人というのもあるので、必要な時だけ仲間がいればと良いという我がままな性格です。
都合が良いとも言われますが、それが気楽なのです。

昔、動物占いが流行った時に、知人に調べて貰ったところペガサスでした。

周りから当たっていると言われる以前に、私が当たっていると思ったくらいです。
私と長いお付き合いの人も同じような人が多く、特に「じゃれ合い」が嫌いな方が多いです。
たぶん、そういうのも同類なのでしょう。

私は、客観的に今のレベル(境涯)を見る指標として、「類」を考えることが多くあります。
一昔前は、『なんで俺の周りは、こんなヤツしかいないんだ?』と嘆くことがありましたが、それは、今の自分のレベルが同様の『こんなヤツ』のレベルだったということです。
例え、自分がその「類」に違和感を感じようともです。

愚痴を言うなどマイナス思考の人の所へは、マイナス思考の人しか集まりません。
前向きなプラス思考の人の所へは、プラス思考の人しか集まらないのです。

可笑しな話ですが、違和感を感じて「類」から出たとしても、自分が変わらなければ、違う同様レベルの「類」に属するだけのことです。上がることも下がることもありません。
結局、自分を磨かなければ、上のレベルには上がりはしないのです。
異性の仲もそうですが、魅力的な異性を射止めるには、自分も魅力的にならないのと同じです。

ただ、「類」と言っても共通点があると言うだけで、全て同じということはありません。
共通点が多いか少ないかで、親近感を覚えるだけのことなのです。
当然、違和感に感じることがあっても普通なのです。
その「類」に執着していないかどうかではないでしょうか?

自分らしく生きるために、その「類」が力強く感じることも邪魔になることもあります。
求める物や目指すものが違えば、その「類」は必要なものではありません。
あなたにとってプラスになる居心地の良い新たな「類」を探せば良いのです。

心から願えば、必ずあなたに必要な「類」との出会いがあります。
自分の考えが清く正しければ、あなたが望む「類」からの手招きがある筈です。
どうぞその時は、過去を清算して下さい。

どんなに素晴らしい栄光があろうとも、嫌な過去があろうともです。
必要以上に自分を大きく見せる必要もなければ、卑下することもありません。
過去を清算出来ない以上は、上にあがることは出来ません。
今の自分の糧になったと感謝することが出来れば、新たなレベルの「類」で活かされます。

自信を持って下さいね。あなたに必要な「類」が、きっとあります。