花

人の生き方の例えに、花が使われることがあります。

私の好きな言葉に『桜梅桃李』という言葉があります。
この言葉は、かつて在籍していた宗教団体の人から教えて頂いた言葉です。
現在は関わりこそありませんが、素敵な言葉を教えて頂いたと、それだけは感謝してます。

この言葉の意味は、槇原敬之さんやSMAPさんが歌う有名な曲『世界に一つだけの花』と同じ意味です。
桜は桜として、梅は梅として、桃は桃として、李(すもも)は李として、それぞれが美しく咲く。
決して他の花と比べることも、うらやむこともなく一生懸命、花を咲かせる。
私たち人間もそれぞれが想いのままに精一杯生きなさい。というメッセージです。

師匠がご逝去されてから1ヶ月になりました。
時として、師匠も同様のことを申しておりました。
大きな夢を描き、やりたいことをやりなさい。失敗をしても良いから、思い存分やりなさい。と・・・。
師匠から残した『心の種』は、弟子が育てれば良いと思っている。

しかし、どんなに忠実に育てようにも、咲かせる花は師匠の花ではありません。
師匠の花は『世界に一つだけの花』であって、育てた花はそれぞれ弟子の花です。
色や形や大きさも違って当たり前なのです。
中には咲かせた花を、これが『師匠の花だ』という者もいるでしょう。
それはそれで良いとも思うが、それぞれが心の中で思えば良いことだと思う。
それが他への押しつけや本人の足カセだけにはしないで欲しいと願うばかりです。

これからも一人の施術家として生きていく上で、数々のめぐり逢いがあるでしょう。
影響が大きければ大きいほど、私の咲かせる花にも色や形や大きさに表れると思います。
今、想像している姿とは似つかぬやも知れません。でも、精一杯咲かせようと思います。

どうぞ皆様も『あなたらしい綺麗な花ですね。』と言われるような花を咲かせて下さい。

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

LINE・メールでのご予約は、「ご希望日時を第2希望まで」を
「前日の午後12時」までにお願いします。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

キャンペーン企画