真意>

人から発せられる言葉や文字には、真意というものがある。

何気に聴いていたり読んでいては、その真意を見失ってしまう。
特に偉大な人の言葉や文字、そして芸術にもメッセージ込められている。
それを言霊(ことだま)と呼ぶ人もいる。

心の耳や心の目でなければ、きっと伺い知れない物だろう。
大切なのは向き合うこと。
しかし、向き合ったからと言って、決して100%ではない。
送り手と受け手の育った環境が違えば、当然に送信機も受信機の作りが違う。
それでも、向き合う以外に100%へ近づく方法はない。
要は、受信機の精度を上げて行くしか方法が無いということだ。

同じ本を読んだとしても、20代と40代と感じ方や意味合いが変わるのも、そういうことだ。
そこで、歴史はいつも同じ過ちを起こしてしまう。
それは、向き合っている物の間に第三者を入れてしまうことだ。
ただ単に一言一句を間違えること無く、通訳もしくは伝えることが出来れば不幸は免れるが、第三者の考え(解釈)が加わると限りなく100%から遠ざかる。

例え受け手の感度が良くても、間に人が入れば入るほど別物を受け取ることになる。
その一番の例が、仏教である。
まず初めに仏の心を悟ったのは、釈尊(お釈迦様)以外の誰一人でもない。

弟子は、師匠が語られた方便や説法を書き残したのが経典である。
それを学び教えを広める者や、その教えを学ぼうと他国から赴き自国語に書き写して広める者もいた。
時間や時代を超え世界へ広がる中で、膨大な経典の中で『釈尊の真意はこれだ』と結論付ける者が現れ、民に説法を解く。そこで新たな宗派が生まれる。

その新たな宗派でさえ、開祖の弟子が説法や手紙などを御書として学び広げる。
更に解釈の相違から新たな分派が生まれる。
これだけ多くの宗派を持つということは、それだけ間に人が入ったということである。
間に人が入れば入るほど、血は薄れ水に近い物になる運命だと思う。

真意を見抜くためには、足すことも引くこともせずに、ただ向き合い感じるしか無いのだ。

逆に、送り手はどれだけ正確に伝えられるかという課題が付きまとう。
受者が伝者となった場合、仮説であれば仮設として伝えれば良いことである。
それが真意だと思っていたとしても、本当の真意かどうかは定かではない。
そこに一切の感情を入れず、伝え広げることが大切であると私は考える。

なぜなら、伝えた人はひとり、伝えるべき心は一つしかないからだ。

※昨日の内容もそうですが、出家するわけではありませんよ!(笑)

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

O脚矯正モニターを毎月3名限定で募集します!

【O脚矯正モニターの条件】

  • O脚であること。(X脚は今回は別)
  • 施術前後の写真がOKの方。(顔は撮りません。)
  • 視察目的や同業者でないこと。
  • アンケートやご感想・クチコミを書いていただける方。
  • 毎週1回(10回程度)の通院ができること。
  • 5回分の料金(20,000円)を先払いできる方。
    6回以降の支払いは、その都度1回4,000円です。



【O脚矯正モニターのご感想】

●

20代会社員(2017年10月~2018年1月)

ひざ下O脚がコンプレックスで、もうここでダメだったら諦めようと思っていた時に見つけたのが、ここ、めぐり整体所です。

カウンセリングでは、絶対に治したいという思いを伝えると、先生も熱心に話してくださり、お任せしようと決めました。

実際、初回から効果が出始め、自宅でできるエクササイズ、普段から気をつけることなど、少しでもよくなるようにと毎回色々と教えてくださいました。

部屋が無音なので初めは気まずかったですが。(笑)
先生も話しやすくて面白く、ここを選んで良かったと思っています。

詳しくは、モニター募集のページをご覧ください。