坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

一般病理学によると

椎間板ヘルニアや変形性脊椎症による坐骨神経根の圧迫、股関節炎、神経炎、等の様々な原因により坐骨神経が刺激され、起こるものとされています。
また、坐骨神経痛はあくまで症状であり、病名ではありません。
症状としては、腰やお尻、そして太ももの辺りに、ピリピリしたり、ギューッと締め付けられるような痛みや、押されているような我慢のできない痛みや痺れが現れます。

神経を圧迫する部位によっては、ふくらはぎの外側に歯がゆい痛みやチクッとした痛みが出たり、足の指に力が入らない等の症状が出ることがあります。
酷くなると、ズキッ!とした激しい痛みや、麻痺して感覚が鈍くなったような状態になることもあります。
一般的な治療法として、安静にして、鎮痛薬の内服・湿布薬や坐骨神経ブロック注射をしたり、コルセットを着用したりします。

しかし、原因がはっきりしない坐骨神経痛の場合、何度痛み止めをしても一向によくならないケースもあるようです。
病院等では、CTおよびレントゲンによる検査を行われますが、『骨には異常ありません!』と診断されることが多いようです。
また、ヘルニアが原因の場合も、手術をしても痛みが取れないケースや、取れても数年後再発する例が見られるようです。

めぐり整体所では

坐骨神経痛の根本原因は『疲労による‘筋肉の緊張』、または『不自然な動作・姿勢による筋肉の緊張』’が関係していると考えています。

疲労および不自然な姿勢によって腰や臀部の筋肉が緊張すると、腰から足に走っている坐骨神経を圧迫し、臀部や足に痛みや痺れが走ります。腰椎4番にズレや周辺の神経が圧迫されて症状として現れることもあります。

また、腰背部の筋肉が極度に疲労すると、脊椎の間にある椎間板に過度の負荷が掛かります。
長期間その様な状態が続いたり、急激な負荷が掛かると、椎間板がその負荷に耐えきれなくなり、ヘルニアになる事もあります。

具体的な解決策として、腰や臀部、股関節周辺の筋肉の緊張を取り、背骨や骨盤を整え、椎間板への負荷を軽くすることで、根本から坐骨神経群に圧力が加わらない状態へ導き、痛みを解消します。
同様に、脳が記憶している不自然な骨盤の動きを正しく補正することで、神経の圧迫を軽くさせます。

長年の痛みでお困りの方、原因不明と言われている方、早期に回復する可能性がありますので、今すぐご相談下さい。

患者様のインタビュー動画

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。