ウォーキング
早いもので2か月後に行われる「びわ100(びわ湖チャリティー100km歩行大会)」も
今年で5回目を迎えるそうです。今月末が申込の締め切りで、知人も参加するようです。
怪我も無く、無事に完歩して頂ければと願っています。


「ウォーキングの歩き方」を調べると、「かかとで着地しなさい」とあります。
ネットで「ウォーキング フリー画像」で検索すると、かかと着地の画像ばかりです。
それだけ、誰もが不思議にも思わないくらいに浸透している歩き方なのです。
私自身も昔に聞いた覚えがありますし、それを疑問にも思ってはいませんでした。

本当に、かかと着地で正しいのでしょうか?

ウォーキングの世界だけの話ではなくて、マラソン(ジョギング)界でも
「フォアフット(つま先)走法」「ミッドフット(足裏全体)走法」
「ヒールストライク(かかと)走法」と話題になっている話です。
(昨年のTVドラマ、日曜劇場『陸王』でも話題になりましたね。)
実は、私もこのドラマを見てから考えるようになりました。


特に、今年の春から取り入れたインソールの「三点バランス保持理論」を
勉強するに従い、かかと着地がまちがいで、つま先着地が正しい歩き方
なのだと思うようになったのです。

「正しい」「間違い」の基準

では、何をもって「正しい」「間違い」だと結論付けるかですが、
私の中では体を壊すか壊さないかを基準にしています。
また、長時間歩いても疲れないことが大切です。
健康のためにと初めても、体を壊してしまえば意味がないですからね!


そのことを踏まえて、どんな歩き方が正しいのかというと、
「自然な歩き方」をするということです。


人間が直立二足歩行をしたのは、約700万年前と言われています。
それから進化を繰り返して現在の歩行になっていますので、素のままの
歩き方こそが、体の構造的にも一番理にかなっているはずです。
疲れず故障しにくい正しい歩き方とは、素足の歩き方とと言える
のではないでしょうか?

気づいてますか?

日本人ならほとんどの方は外では靴を履き、家では素足ですよね?
かかと着地が正しい歩き方だとするなら、どんな場所でもかかと着地で
歩くのが普通ではないでしょうか?実際に考えたことはありますか?


ウォーキングやジョギングで、かかと着地をしている方に質問です。

(家の中)素足での歩行も、かかと着地していますか?

たぶん足に障害がなければ、つま先または足底全体で着地しているはずです。
(足底全体で着地する方は、ヒールが高い靴などで悪い癖がついている可能性があります。)
ほぼ100%で、かかと着地をする人はいないはずです。


それでも気づけない方は、素足のままその場で足踏みやジャンプをしてみてください。
つま先で着地していますよね?


逆にかかと着地で、素足のままその場で足踏みやジャンプをしてみてください。
バランス保てないだけでなく、足への衝撃が強くて長く続けられないはずです。

加登院長

かかと着地の歩行やジョギングは、片足に全体重をダイレクトに衝撃を受けます。
これを長時間や何百回何前回と続けると、足首・膝・股関節に影響が出ても
不思議でないことがわかります。

体に負担をかけない歩行とは?

上記のことからもわかるように、かかと着地の歩行は体に負担をかけます。
負担をかけずに歩くには、つま先で着地時の衝撃を吸収させながら
歩くことが大切です。


とは言っても、癖がついてしまった歩行を急に変えることは難しいです。
歩き始める前に足踏みを数回して、次に前に足を出し、歩幅を徐々に
広げて歩くように練習してください。体に覚えさせるまで続けてください。

大股で歩くと必然的に「かかと着地」になるので、注意してください!


また、素足では簡単にできるのに、靴を履いたとたんに出来なくなる
人も結構多いです。
それは、靴(またはインソール)の形状であったり、履き方に問題があります。
動きをブロックさせて、自然な歩き方ができないようになっているからです。
それらに関しては、また改めてブログに書こうと思います。
どうぞそれまでお待ちください。


当院では、痛みを取ったり体幹を整えるだけでなく、生活習慣の
改善のお手伝いもしています。
もし、そのようなお悩みがございましたら、お気軽にご連絡ください。
最後までお読みいただきありがとうございます。

ご予約・お問合せ / 滋賀県大津市めぐり整体所

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

無料体験会

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰・股関節・膝が痛くて歩けない。
  • 杖・押し車が無いと歩けない
  • つまづき、よく転倒する。
  • ケガをするのは、決まっていつも右側(左側)。
  • 姿勢が悪いと言われる。
  • 前後左右、重心が崩れてる気がする。
  • 筋肉を鍛えているのに、バランスが悪い。
  • 練習するのに、スポーツが上手くならない。
  • 有名メーカーのシューズなのに、違和感がある。
  • オーダーメイドの靴なのに、良くなった気がしない。

もし、こんなお悩みなら当院へすぐにご相談ください。

9割以上の人が、間違えた靴選びをしている!

35年間スポーツメーカーのシューズを研究されてきた方が、が仰ってました。
『日本人の9割は、「間違いだらけの靴選び・履き方・歩き方」をしています。』と。


その方のお話をお聞きする機会があり、衝撃的なお話をお聞きし、実際に私も
体験させて頂きました。靴を履いた瞬間に体幹が整ったことを実感しました。
これまでも整体師として、何千人も体幹を矯正してきましたが、
一瞬で体幹を整うことに驚愕しました。下手の整体師より凄いです!


これまで一般的に言われてきた常識とななんなのか?と思ったほどです。
巷にあふれる靴を見ても、形状そのものが間違えていると気が付きます。
ほとんどの靴が間違えているのだと。体がよくなるハズはありません。

あのリオオリンピックやWCロシアの日本代表選手も

スポンサーの関係で公にできませんが、リオデジャネイロ・オリンピック
でメダリストとなったあの選手も、WCロシアに出場した日本代表の
あの選手も履いているとのことです。あなたもご存知の選手です。


どの選手も選んだ理由は、『海外のパワーがある大型選手に体当たり
されても倒れなくなったから。』
といのが大きな理由だそうです。
数々のオファーがある中から、超一流選手が選ぶって凄くないですか?
もともとスポーツ選手に開発された物ですが、体幹の崩れた高齢者が
多くいることを知って、私たち治療家に広めて欲しいと依頼があった物です。
間違えた靴を選ぶと体は悲鳴をあげ続けます。それでもその靴を履き続けますか?


正しい物を選べば、自ずと体は本来の状態の戻ろうとします。
再現性が高い物なので、どなたでも同じ結果が出ます。一度、体験してみてください!

【無料】姿勢矯正コース体験会

「間違いだらけの靴とカラダの関係」について、体験しながらお話します。

随時開催中!(予約制)
テーマ :『間違いだらけの靴のお話』
定員  :5名様まで(お電話でご予約下さい。)