「腕組み」が痛み緩和に効果

腕組みをするだけで、痛みを緩和させる効果があるとの研究結果がでたそうです。

下記にある記事では、腕を交差させることに焦点をおいて研究された結果です。
実際の研究内容がどうなのか?ってことは分かり辛い感じもしますが、交差させることで得られた結果なのか、それとも交差させることで触れる面積の大きさが影響したのか気になるところです。

私は交差させることで脳が混乱するというより、触れる表面積が大きさが原因では?と思ってます。

どちらにしても、この手の研究は研究結果として残されるだけで、広く一般に広報されない現状にあるんです。なぜなら、薬が売れなくなるからです。
もし、この記事をご覧になられた方は、薬を飲む前に「腕組み」をしてみてはいかがでしょう?
それで痛みが緩和されたなら、それに越したことはありません。

私も興味があるので、同様の変化があるか調べてみようと思います。


腕を組むことが脳の機能を混乱させ、痛みの緩和につながることが、20日発売の学術誌「Pain」に掲載される研究結果で明らかになった。

研究結果を発表したユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の科学者チームは、腕組みが痛みの軽減につながる理由として、腕を交差させることにより、体と外部空間を司る脳内の2つの場所で互いの情報が相反することにあるとした。

UCLのジャンドメニコ・イアネッティ氏は「日常生活ではたいてい、左側にあるものは左手で、右側にあるものは右手で触る」とし、その結果、体の右側および右側の空間を担当する部分はそれぞれ通常同時に活性化され、痛みの処理が非常に効率良く行われるという。

ところが腕を交差すると、同時には活性化されず、痛みなどの刺激が弱く感知されると説明した。

イアネッティ氏は「けがなどをした場合は、患部をさするだけでなく、腕組みもしたほうがいいかもしれない」と述べた。

研究では参加者8人に対し、レーザーを用いて体に触れることなく手に刺すような痛みを与え、腕組みをしたときとそうでないときを比較した。参加者自身が痛みの強さを評価したほか、脳波検査(EEG)で脳の反応も測定された。

その結果、参加者自身の評価とEEGの両方で、腕組みをしたときのほうが痛みの感じ方が弱かったという。

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とご連絡頂ければスムーズです!

LINE・メールでのご予約は、「ご希望日時を第2希望まで」を
「前日の午後12時」までにお願いします。折り返しご連絡を差し上げます。




【めぐり整体所 infomation 】

2020年1月31日を持ちまして、大津市杉浦町の「めぐり整体所」は閉業いたしました。
10年間、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

今後は、会員制整体院「めぐりハイパー」として活動させて頂きます。
当面の間、出張整体がメインとなります。

めぐりハイパー

会員制

これまで「めぐり整体所」をご利用くださった方を会員をさせて頂きます。
(新規会員に関しては、当面の間は会員様のご紹介者のみとさせて頂きます。)

会費は0円ですが、限られた時間での営業となるため、定期的にご利用
ご利用下さる方を優先的にさせて頂きます。

毎月利用の方>3ヶ月毎の方>症状が出た時のみの方


出張エリア

大津市・草津市(詳細は今後決めていきます。)

仮店舗(5月予定)

どうしても店舗でという方を対象に受け入れていきます。
大津市膳所にて、月2回程度。(日曜日の時間限定)

※詳細が決まり次第にお知らせします。

営業日・営業時間

【営 業 日】:土曜・日曜
【営業時間】:10:00~16:00

料金

施術料金 加算
整体施術 5,500円(税込) 駐車料金+出張料
O脚矯正 6,600円(税込) 駐車料金+出張料

※可能な限り「加算」を頂かないようにしますが、駐車場が必要な場合や
 遠方に限り、1000円前後で加算させて頂きます。(要相談)