通風と診断された方への施術経験がありますが、多くの方が筋肉の緊張を取ると痛みが解消(または緩和)しています。師匠からも、実際に尿酸値がどうかは不明であるが痛みは解消できると聴き、それで私も解消できています。

先日、日本経済新聞に掲載されていた通風に関する記事で、通風(関節症)関連ニュースが掲載されていました。記事を読むと、尿酸値と発症の相関性は薄いとあります。それも1970年代に突き止めたお医者様がいるにも関わらず、今もなお尿酸値が呪縛のように議論されていたり、通風遺伝子だと議論されているようです。

日本の医学は、どこに着地したいのだろう?

記事は以下にあります。この記事も何が書きたいのかも不明です。(^^ゞ

痛風、投薬の前に生活改善 尿酸値、無理に下げずない

痛風、投薬の前に生活改善 尿酸値、無理に下げずない
足指の関節などに激痛の発作が起きる痛風と、その予備軍である高尿酸血症。治療の目標は長らく、原因物質である尿酸の値を投薬で引き下げることだった。
しかし、最近は尿酸値を無理に下げず、患者にまず生活習慣の改善を促す治療に移行してきた。尿酸をいたずらに悪玉扱いしない見方も出ている。

50歳代の男性Aさんは20年前の健康診断で、尿酸値が血清1デシリットル当たり9ミリグラムを超え、高尿酸血症と診断された。
以来発作を一度も起こさないまま、体内でプリン体と呼ばれる成分から尿酸が合成されるのを妨げる薬を飲み続けている。
尿酸値は5ミリグラム前後を維持していたが、ここ数年はだんだんと高まり、7ミリグラムに迫っている。発作の不安を訴えるAさんに対して、主治医は「水分をよく取っておけば大丈夫」と動じない。

■発症と相関性薄い

「尿酸値を下げたら病気が改善するという医学的証拠はもともとない」と主張するのは、東京医科大学医学総合研究所の西岡久寿樹所長。
1970年に三重県の離島で全住民約3300人を対象とする調査を実施し、尿酸値と病気との間に明確な関係がないことを突き止めた。
「去年の米国リウマチ学会では、尿酸値を下げる意義が明確に否定された」と言う。

尿酸値が7ミリグラムを超えると高尿酸血症と呼ばれ、痛風の症状が出やすくなる。国内の痛風患者数は約30万~50万人で、大多数が男性。
高尿酸血症患者は約500万人と推定されている。成人男性の約1割が高尿酸血症で、そのうち痛風を発症するのは約1割だけ。「高尿酸血症だと痛風になる」とは必ずしもいえない。

高尿酸状態を招くのは、肉や糖分・油分の取り過ぎや酒の飲み過ぎ、睡眠不足や運動不足、過剰なストレスなど。こうした生活習慣が痛風という病気をもたらす。
「尿酸値は一種のマーカー(指標)。薬で尿酸値だけを下げても、生活習慣を変えなかったら意味はない」(西岡所長)という指摘はもっともだ。

新しい通風・高尿酸血症の治療指針
【新しい通風・高尿酸血症の治療指針】

専門家や研究者でつくる日本痛風・核酸代謝学会は2002年に高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインを策定した。それまでばらばらだった治療目標を定め、例えば痛風患者は尿酸値を6ミリグラム以下にすることが望ましいとした。同学会理事長の細谷龍男東京慈恵会医科大学教授は「数値はひとつの目安であり、薬よりは生活指導に重きを置いた」と振り返る。

同学会は10年にガイドラインを改訂。痛風関節炎または指やくるぶしなどにこぶができる痛風結節の患者のほか、腎臓障害や高血圧、糖尿病などの合併症がある患者でも、医者は投薬以前に生活指導をするという項目が新たに入った。ガイドライン改訂委員長を務めた東京女子医科大学膠原(こうげん)病リウマチ痛風センターの山中寿所長は「(医者も患者も)すぐに薬に頼る風潮をけん制するのが狙いだ」と話す。

ただし、患者の中には健全な生活習慣をしていたり、尿酸値が低かったりするのに発作が起こる人もいる。その場合は、まず発作を抑える薬のコルヒチンやステロイドを使ったうえで、尿酸の合成阻害剤や排出促進剤を服用することになる。患者の体質によって治療方針は違うので、医者は患者の状況を個別に把握する必要がある。

痛風の治療情報などを患者に提供する痛風財団理事長である理化学研究所ゲノム医科学研究センターの鎌谷直之センター長は「多くの痛風遺伝子が見つかっており、これらが組み合わさって体質の違いを生み出すと考えられている」と説明する。

■98%を再吸収

普通の人の血液には約1200ミリグラムの「尿酸プール」が存在する。体内で生産される量は毎日約700ミリグラム。このうち500ミリグラムが尿中に出され、200ミリグラムが汗や消化液に排せつされる。一方、人間は尿酸を分解する酵素を持たず、腎臓の糸球体でいったん血液からろ過されても、尿細管で98%が再吸収される。有害な成分ならば、こんなことにはならないはずだ。

そこで最近注目されているのは、尿酸の抗酸化物質としての役目だ。炎症時にできるスーパーオキサイドや一酸化窒素などの活性酸素の消去剤として知られる。働き盛りの男性の尿酸値が高い一因ともみられ、東京工科大学の山本順寛教授は「体にとって有用な尿酸を捨てるのはもったいない」と言う。

痛風は以前には裕福な人に特徴的な「ぜいたく病」と見なされていたが、生活レベル全般の向上により、男性なら誰でもかかりうる病気になった。心当たりのある人は尿酸値の上下に一喜一憂するのではなく、食事・飲酒・運動など生活習慣全般を見直すことが重要だろう。

(出典:日本経済新聞 夕刊2011年11月11日付 池辺豊)

ご予約・お問合せ / 滋賀県大津市めぐり整体所

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

無料体験会

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰・股関節・膝が痛くて歩けない。
  • 杖・押し車が無いと歩けない
  • つまづき、よく転倒する。
  • ケガをするのは、決まっていつも右側(左側)。
  • 姿勢が悪いと言われる。
  • 前後左右、重心が崩れてる気がする。
  • 筋肉を鍛えているのに、バランスが悪い。
  • 練習するのに、スポーツが上手くならない。
  • 有名メーカーのシューズなのに、違和感がある。
  • オーダーメイドの靴なのに、良くなった気がしない。

もし、こんなお悩みなら当院へすぐにご相談ください。

9割以上の人が、間違えた靴選びをしている!

35年間スポーツメーカーのシューズを研究されてきた方が、が仰ってました。
『日本人の9割は、「間違いだらけの靴選び・履き方・歩き方」をしています。』と。


その方のお話をお聞きする機会があり、衝撃的なお話をお聞きし、実際に私も
体験させて頂きました。靴を履いた瞬間に体幹が整ったことを実感しました。
これまでも整体師として、何千人も体幹を矯正してきましたが、
一瞬で体幹を整うことに驚愕しました。下手の整体師より凄いです!


これまで一般的に言われてきた常識とななんなのか?と思ったほどです。
巷にあふれる靴を見ても、形状そのものが間違えていると気が付きます。
ほとんどの靴が間違えているのだと。体がよくなるハズはありません。

あのリオオリンピックやWCロシアの日本代表選手も

スポンサーの関係で公にできませんが、リオデジャネイロ・オリンピック
でメダリストとなったあの選手も、WCロシアに出場した日本代表の
あの選手も履いているとのことです。あなたもご存知の選手です。


どの選手も選んだ理由は、『海外のパワーがある大型選手に体当たり
されても倒れなくなったから。』
といのが大きな理由だそうです。
数々のオファーがある中から、超一流選手が選ぶって凄くないですか?
もともとスポーツ選手に開発された物ですが、体幹の崩れた高齢者が
多くいることを知って、私たち治療家に広めて欲しいと依頼があった物です。
間違えた靴を選ぶと体は悲鳴をあげ続けます。それでもその靴を履き続けますか?


正しい物を選べば、自ずと体は本来の状態の戻ろうとします。
再現性が高い物なので、どなたでも同じ結果が出ます。一度、体験してみてください!

【無料】姿勢矯正コース体験会

「間違いだらけの靴とカラダの関係」について、体験しながらお話します。

随時開催中!(予約制)
テーマ :『間違いだらけの靴のお話』
定員  :5名様まで(お電話でご予約下さい。)