捻挫とは?

捻挫

一般病理学によると

関節に無理な力がかかったりし、関節の周囲の靱帯や軟骨が傷つき、腫れや痛みが発生します。これが 捻挫 です。
捻挫しやすいのは、足首、手首、ひじ、膝、指などです。

足関節の外くるぶしに、骨と骨をつないで関節がぐらつかないようにしている靱帯と言う丈夫な線維組織があります。
足をくじいて靱帯が切れてしまうことを靱帯損傷と呼んでいます。

高いところから落ちたりしたときにも手首や足首に捻挫が起きます。
捻挫は早い段階で適切な処置をしないと慢性化をし、くせになり何度も繰り返しますので注意が必要です。
素人判断はせず、軽い捻挫でも病院の判断を得たほうが良いでしょう。

捻挫 も軽い方と重い方がおり、重い人は腫れもひどく関節が動きませんし生活にも困り会社や学校にも行けません。
痛みが無くなるまで(約2~3週間)関節部を固定させる方法が一般的です。

めぐり整体所では

捻挫の痛みの原因としては、筋肉異常緊張と体幹の歪み・足関節のズレです。

整形外科や接骨院でなかなか治らない原因は、関節がずれたまま固定してしまうことです。

まず筋肉の緊張を取り除き歪んだ体幹を整えます。動かす時におこる関節の動きを修正することで痛みをとり、早期回復を実現します。
症例の多くが、発症後3日以内にご来店いただければ、激しい痛みは大幅に激減します。場合によっては歩いて帰宅することも可能です。
ご来店される場合は、シップ薬・包帯・サポーターなどは外していただくことになりますので、ご了承ください。(締め付けると治りが遅くなります。)

捻挫治癒後、可動範囲の狭窄、違和感、チクッとした痛み、シクシクした痛み、ズーンとした張ったような痛み、ある方向に曲げた時だけ出る痛みなどがある場合、捻挫の後遺症の可能性があります。

それらの症状による緊張を取ったり、骨位置の修正などをすることによって可動範囲の狭窄、違和感、痛み等の捻挫後遺症の短期回復を実現しております。ハレも痛みと共ににひきますので、ご安心ください。

捻挫の痛みが続くと仕事はもちろんのこと、生活習慣に大きく影響します。
特にスポーツ選手は、その間は戦線離脱することになり、大切な試合の出場も危ぶまれます。お気軽にご相談下さい。

施術に来られた2日前、階段を踏み外して捻挫を発症した50代男性。

前日に病院で検査(レントゲン)をしたら、骨には異常が無くシップをされたとのことでした。捻挫の痛みで眠れなかったとのことでした。
来店時は、足が痛くて足を引きずるような歩行でした。
シップを貼っても意味がないことを伝え、施術にも邪魔なので早速外していただきました。
内踝が大きく腫れ上がっています。でも検査の結果は内踝ではなく、外踝が原因でした。(腓骨の後方変位)
10分足らずの触れる程度の優しい施術で、内踝の腫れも少し小さくなり、痛みもなく歩行が可能となりました。(動画参照)
お帰りの時は、普通に歩いてお帰りになられました。
翌日のご報告では、痛みも無く内踝の腫れが更に小さくなったとのことです。

捻挫の患者様の動画

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

O脚の種類


日本人女性の9割がO脚と言われていますが、
確実に矯正できる治療院がなかったり、
すぐにリバウンドしているのが現状です。


これまで、そんなO脚でにお悩みだった女性には朗報です!
『確実に矯正されてつつ、リバウンドがしない方法があるんだよ!』
ということを知って頂きたくて、期間限定で料金半額のモニターを募集しています。

O脚矯正


詳しくは、『滋賀大津O脚矯正サロン めぐり整体所』のホームページをご覧ください。