メタボリックシンドローム

一昨日、YTV「たかじんのそこまで言って委員会」に東海大学医学部教授の大櫛陽一先生が出演されて、とても興味深い話だった。

この教授のは以下の本を書かれているようです。
◆コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな (祥伝社新書131)
◆メタボの罠―「病人」にされる健康な人々 (角川SSC新書)

本のタイトルを見るだけで、「こんなことを書いても大丈夫?と」想わせますが、医学博士では無く工学博士だから大丈夫なのだと本人もTVでおっしゃっていました。医学博士なら間違いなく圧力がかかってこの世から抹殺されるでしょう。

2008年よりメタボ検診と呼ばれる特定検診が始まりましたが、欧米などを初めとする国際基準に比べ、日本の数値基準がかけ離れていると言うことでした。
肥満チェックするのに、肥満指数BMIという数値をも用います。
体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)}= BMI(肥満度)

欧米では、BMI30以上を基準に肥満としているそうなのですが、日本はBMI25以上を肥満としているそうです。それで、日本もBMI30以上に設定すると肥満は数パーセントになるそうです。
また、不思議なことにBMI25~30以内(ちょいメタ)の人が長生きしているのだとか・・・。

この教授もおっしゃっていましたが、人の健康よりも『メタボ検診ありき』で進められていると言うことです。メタボ検診を推進することで、幾つかの利権を生み出す目的で始められているとおっしゃるのです。少なからず、厚生労働省・医学会・製薬会社などは恩恵を受けることになります。

国際基準に合わせてメタボ検診を始めるなら、BMI30以上の人が少なくて恩恵もそれほどではありません。多くの恩恵を受けるには正常値内を基準に入れたのだろうとのことでした。裏を返すと、国民の健康など全く考えて行われていないのです。
それどころか、BMI20の人が痩せたとしたら、癌の発症率があげてしまうことに成りかねないそうです。

ネット検索すると、以下のリンク先にも同様の取材内容が記載されている。
機会があれば、読んで下さい。

ニュース探偵局DX(2008/12/16~2008/12/20放送)
ちょいメタでも大丈夫

メタボ検診に限りませんが、官僚と族議員・医学会・製薬会社・関連業界に国民は踊らされているのです。
師匠から伝授されたこの療法が国民に広まれば、治療法や薬・健康食品・健康器具などが精査されるでしょう。しかし、広がりかけると必ず圧力がかかるはずです。なぜなら利権を失う人が多くいるからです。
危険をかえりみずに、このような情報を流して下さる人を尊敬します。私も微力ながら多くの情報を発信したいと思います。

ご予約・お問合せ / 滋賀県大津市めぐり整体所

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。




当院おすすめインフォメーション!

無料体験会

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰・股関節・膝が痛くて歩けない。
  • 杖・押し車が無いと歩けない
  • つまづき、よく転倒する。
  • ケガをするのは、決まっていつも右側(左側)。
  • 姿勢が悪いと言われる。
  • 前後左右、重心が崩れてる気がする。
  • 筋肉を鍛えているのに、バランスが悪い。
  • 練習するのに、スポーツが上手くならない。
  • 有名メーカーのシューズなのに、違和感がある。
  • オーダーメイドの靴なのに、良くなった気がしない。

もし、こんなお悩みなら当院へすぐにご相談ください。

9割以上の人が、間違えた靴選びをしている!

35年間スポーツメーカーのシューズを研究されてきた方が、が仰ってました。
『日本人の9割は、「間違いだらけの靴選び・履き方・歩き方」をしています。』と。


その方のお話をお聞きする機会があり、衝撃的なお話をお聞きし、実際に私も
体験させて頂きました。靴を履いた瞬間に体幹が整ったことを実感しました。
これまでも整体師として、何千人も体幹を矯正してきましたが、
一瞬で体幹を整うことに驚愕しました。下手の整体師より凄いです!


これまで一般的に言われてきた常識とななんなのか?と思ったほどです。
巷にあふれる靴を見ても、形状そのものが間違えていると気が付きます。
ほとんどの靴が間違えているのだと。体がよくなるハズはありません。

あのリオオリンピックやWCロシアの日本代表選手も

スポンサーの関係で公にできませんが、リオデジャネイロ・オリンピック
でメダリストとなったあの選手も、WCロシアに出場した日本代表の
あの選手も履いているとのことです。あなたもご存知の選手です。


どの選手も選んだ理由は、『海外のパワーがある大型選手に体当たり
されても倒れなくなったから。』
といのが大きな理由だそうです。
数々のオファーがある中から、超一流選手が選ぶって凄くないですか?
もともとスポーツ選手に開発された物ですが、体幹の崩れた高齢者が
多くいることを知って、私たち治療家に広めて欲しいと依頼があった物です。
間違えた靴を選ぶと体は悲鳴をあげ続けます。それでもその靴を履き続けますか?


正しい物を選べば、自ずと体は本来の状態の戻ろうとします。
再現性が高い物なので、どなたでも同じ結果が出ます。一度、体験してみてください!

【無料】姿勢矯正コース体験会

「間違いだらけの靴とカラダの関係」について、体験しながらお話します。

随時開催中!(予約制)
テーマ :『間違いだらけの靴のお話』
定員  :5名様まで(お電話でご予約下さい。)