腱鞘炎とは?

腱鞘炎

一般病理学によると

主に手の使い過ぎ等の原因により、指を曲げ伸ばしする腱と、腱をトンネルの様に包んでいる腱鞘が摩擦を起こして炎症した状態とされています。

症状としては、指の付け根や拇指側の手首辺りに痛みが出たりします。

一般的な治療法は、湿布や鎮痛消炎剤、ステロイド剤、手術等がありますが、最終的な手術を行っても、痛みが残っている例は多々あります。

めぐり整体所では

腱鞘炎は使いすぎて疲労することによる筋肉の異常緊張と考えています。

腱鞘炎の場合、首・肩周辺・腕・手首の緊張を取ることで短期間での回復が可能です。
また、痛みの出る動作を正しく補正すれば、痛みは緩和されます。

再発を防ぐには、日常生活を見直し、少し工夫することで痛みを防止ができます。

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。