胃痛とは?

胃痛

一般病理学によると

胃痛は消化性潰瘍によるものが多いのですが、潰瘍がなくても胃酸の出過ぎによって起こることがあります。

その原因として不規則な生活や食べ過ぎのほかに、ストレスが挙げられます胃をはじめ内臓のはたらきは自律神経(交感神経と副交感神経)によって調整されています。
しかし、強いストレスを受けた場合、自律神経のはたらきに影響が及んでしまい、胃酸の分泌過多を起こしてしまうのです。
ストレスを受けてイライラしてきますと、まず交感神経が優位にはたらき、胃粘膜の血管が収縮、血流が滞ります。この状態が続くと、バランスを取ろうとして副交感神経のはたらきも一時的に高められてしまいます。すると、胃酸が大量に分泌され、胃の粘膜が傷つけられて胃痛を起こすのです。
このようにストレスと胃痛には密接な関係があります。

胃の疾患は胃炎、胃潰瘍、胃穿孔、胃がん、胃ポリープなどがあり、痛みも、ズーンと重い感じや、チクッとした感じなど様々です。

めぐり整体所では

ストレスによる胃痛に関しては、当院の施術は自律神経に働きかけることから、体幹を整え骨格の調整や筋肉の緊張をとることで、驚くほど早く解消する場合があります。

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

LINE・メールでのご予約は、「ご希望日時を第2希望まで」を
「前日の午後12時」までにお願いします。折り返しご連絡を差し上げます。



当院おすすめインフォメーション!

キャンペーン企画