野球(テニス・ゴルフ)肘の予防法

当院は、野球肘・テニス肘・ゴルフ肘の痛みを取り除く施術は勿論のこと、再発しないための予防法を教えています。

各種スポーツ名により、野球肘・テニス肘(テニスエルボー)・ゴルフ肘と呼ばれる症状の予防法です。

ほとんどが「ある動作」によって、肘に過剰な負荷がかかって痛みが出ます。
「ある動作」とは、野球肘なら投球時。テニスならサーブ時。ゴルフならスイング時です。
全てではありませんが一度痛みが出ると、他の動作では痛みが出ないのに、上記と同じ動作をすると痛みが出ます。

原因として『関節の骨が、すり減った』とするお医者様もいらっしゃいますが、私はそうとは思えません。
今まで施術した結果、実際に関節の骨がすり減っていたかどうかは不明ですが、痛みは解消しています。

私が思うところ、肘に過剰な負荷がかかった際に、脳が『肘が壊れてしまう』と判断して痛みで警告出していると考えます。
脳が、不自然な動きにロックをかけてしまう痛みのパターンです。
他の部位であっても、脳が警告として痛みを出すケースはよくあります。

痛みをご自身で取り除くのは難しいと思いますが、今一度 ご自身のフォームをスローな動きで見直して下さい。
鏡を見ながら、またはベテランの人にフォームを見て貰って下さい。
必ず、不自然な動きをしているはずです。

例え痛みが取れたとしても、同じフォームを続ける限りは爆弾をかかえているのと同じです。
自然な動きのフォーム改造が必要でしょう。
もし、痛みが無くても肘に違和感を感じたら、痛みになる前にご連絡下さい。

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。