一昨日、ブログをアップしたと思っていたら下書きのままでした。(>_<)

今日は、受講したBRM療法や創始者の先生のことを書きたいと思います。

BRM療法とは、
一定のリズムで拡張と収縮を繰り返す骨に手を添えて、正しい位置に骨を誘導させ歪みを改善させていくという手技療法です。
この療法の最大の特徴は、(強引な力で矯正するのでは無く、)そっと手を添えることにより、自然に骨が動き出し正しい位置へ収めるのです。まさに自己治癒力の賜物で、生後3ヶ月の赤ちゃんから身動きの取れない障がい者でも施術可能な療法なのです。

セミナーで紹介された改善例は、手術をするしか方法がないと診断された脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアの方々。
また、医者がサジを投げた多動性障害・ダウン症・知的障害などの重篤な障害をお持ちの子供さんなど写真と共に沢山紹介してくださいました。

また、視力障害の子供さんが3回の治療で、0.08から0.4まで視力が回復した改善例。立つことも出来ず、医者はおろか親までも諦めてしまった脳性マヒの4歳児が一度の施術で自立ができ、数回の施術で歩行が可能になった改善例。今では医療現場の先生方も受講される療法なのです。

吉田先生の凄いところは、先天性疾患の障がいを持った子供たちを何とかしたいと全国を飛び回っておられることです。『お医者さんも親御さんも諦めている・・・。でも、その子供たちにも生まれてきた使命があり、何らかの可能性を秘めている。現代医学では解決できないから全て治らないと思われている風潮だけど、何かしら改善できることがあるし、その子の可能性を引き出してあげたい。』と語られました。

吉田先生は、元々は一代限りの療法にしよと思っていらしたそうです。しかし、本を出版後に伝授して欲しいとの声が沢山あったことや、どうしても先生自身が一人で救える人数が(時間的・体力的などで)限られてしまうという現状があり、それを打開するためにセミナー開催を始められたそうです。

『君たちに100%を伝授するので、是非 障がいの持った子供たちを助けて欲しい。』と仰った先生の志に熱く感動しました。本当に涙ものでした。(T_T)
こんな人が世の中にいたのか?と思うくらいの驚きでした。また、先生に治してもらった子供たちや親から見れば、神様仏様に見えたことでしょう。

私は吉田先生のようになれないかもしれません。でも少しでも近い存在になれるように精進したいと思います。新たな師匠との出会いに感謝致します。ありがとうございます。



当院おすすめインフォメーション!

O脚の種類


日本人女性の9割がO脚と言われていますが、
確実に矯正できる治療院がなかったり、
すぐにリバウンドしているのが現状です。


これまで、そんなO脚でにお悩みだった女性には朗報です!
『確実に矯正されてつつ、リバウンドがしない方法があるんだよ!』
ということを知って頂きたくて、期間限定で料金半額のモニターを募集しています。

O脚矯正


詳しくは、『滋賀大津O脚矯正サロン めぐり整体所』のホームページをご覧ください。