めぐり療法の流れ
今現在も下記の手技も行いますが、新たな手技も多く取り入れておりますので、あくまでイメージとしてご理解ください。また、施術ベッドも変わっております。

①初回伺い票への記入

初回の方には、「初回伺い票」へ記入していただきます。
『この症状は整体では無理だろうな?』などと思わず、気になる症状は全てお書きください。
初回伺い票への記入(めぐり整体所)

②症状ヒアリング

「初回伺い票」を元に、ヒアリングいたします。
痛みなどの症状に関しては、出来るだけ具体的に教えていただくことが改善または原因究明への近道です。ご協力ください。
症状ヒアリング(めぐり整体所)

③検査・見立て

検査
身体の歪み・捻じれなどをチェックします。
検査結果から、原因を仮定し施術を組み立てます。

④施術(整体・気功)の一部

施術
同じような症状であっても、原因が異なれば施術も異なります。
オリジナルな施術で、最短で改善できるように施術を行います。

背面片足牽引法

  • 屈曲姿勢でも腰痛
  • 特定の股関節痛
  • 骨盤周辺の違和感
  • 腹痛、胃の痛み
  • 胸部の違和感

などの回復が見込める。

骨盤・股関節の調整(めぐり整体所)

足首回転弛緩法

症状としては、身体全体の歪み・疲労回復・冷え・ヘルニア予備軍・静止状態での腰背部痛・股関節及び足首関節の動作の不具合・脹脛(ふくらはぎ)の強張り・大臀筋、足全体の緊張など様々な症状に有効。 下腿二頭筋・大腿四頭筋などの弛緩(めぐり整体所)

腰背部・腹部弛緩法

主な部位は腹部・腰背部・股関節周辺など各部の筋肉が弛緩し、これらの部位の症状に有効。
具体的な症状としては、股関節痛・背屈して痛い症状・椎間板ヘルニアの一部の症状・疲労や腰背部周辺のむくみが改善される。
脊柱起立筋・広背筋・大臀筋の弛緩(めぐり整体所)

股関節周辺筋弛緩法

主な部位は、仙骨周辺・仙腸関節・股関節周辺など各部の筋肉が弛緩し、これらの部位の症状に有効。
具体的な症状としては、仙骨の痛み・股関節痛・疲労や腰背部周辺のむくみが改善される。
脊柱起立筋・広背筋・大臀筋の弛緩と股関節の調節(めぐり整体所)

上腕回転筋弛緩法(1)

主な部位は、大胸筋・僧帽筋・三角筋・小円筋・広背筋・脊柱起立筋など。これらの筋肉に関連した鎖骨・肩甲骨・上腕骨などの可動不良や痛みの改善に有効。 上腕二頭筋・僧帽筋・三角筋の弛緩(めぐり整体所)

上腕回転筋弛緩法(2)

具体的な症状としては、背中の痛み・首の痛み・四十肩・心臓病など、疲労や背部周辺の様々な症状に改善される。 僧帽筋・三角筋・大円筋の弛緩(めぐり整体所)

挙上牽引ゆらし法

主な部位は、肩関節・肩甲骨・鎖骨に関する関節、筋肉・肩甲下筋・大胸筋など上半身の前面に対する緊張が解消する。
具体的な症状としては、四十肩・椎間板の劣化収縮・椎間板ヘルニアの一部の症状、肩甲骨・鎖骨の可動不良、呼吸に関連した症状、これらに関連した疲労や様々な症状が改善される。
肩の高さ調整と猫背矯正(めぐり整体所)

頚椎弛緩法・後頭部牽引ゆらし法・側頭骨軽圧法

主な部位としては、頭痛・耳鳴り・目の痛み・軽度のめまい・視力の低下・歯痛・額関節・頚椎ヘルニアの一部など頚椎周辺に留まらず、手足のシビレ・腰痛・麻痺などその他身体各部の症状が改善される。 僧帽筋・胸鎖乳突筋などの弛緩と頚椎矯正(めぐり整体所)

⑤自己療法のアドバイスと次回の予約を決めて終了

お店でできることは限られますので、原因が特定されれば改善に向けたアドバイスをいたします。お家で職場で実践してください。それが早く治せる秘訣です。
次回の予約日を決めて、再発予防をしましょう♪(^o^)丿
自己療法のアドバイスと次回の予約を決めます(めぐり整体所)

ご予約・お問合せ

『ホームページを見て・・・。』とお電話頂ければスムーズです!

メールまたはLINEでのご予約は、ご希望日時の2日前の昼12時までにお願いします。

ご希望の日時を第2希望までお書きになってご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。