尿管結石

昨日、3度目のご来店の患者様Mさんのお話です。
もともと尿管結石の痛みで来店されたわけでなく、1ヶ月前に肩こり・首こり・背中の痛み・倦怠感でご来店されました。
当院に通院されている患者様Nさんの同僚で、毎月1,2回はマッサージ店(癒し系)に通院されていたそうですが、一向に良くならないのをNさんが見兼ねてご紹介で来店されたのです。

Mさん、初回のご来店でかなりコリや疲れが取れたらしくとても喜んで帰られたのですが、それから2日後にご紹介くださったNさんが来院されたのでお話を伺うと、当院に初来店された翌日のお昼に腹痛を起こし救急車で運ばれたことを知らされました。

施術の好転反応で体調を崩される患者様も少なからずいらっしゃいますが、救急車で運ばれるほどの症状というのは初耳で詳しくNさんにお聞きすると、尿管結石での激痛だったと知らされたのです。

一般的な整体・カイロプラクティックなら「自店の施術とは無関係」で処理してしまい、『大変でしたねぇ。』と言うのが関の山ですが、当院と同じ施術をする整体院では『尿管結石が排出された!』という症例が数件あるのを知っていましたので、Mさんの体が結石を排出しようとしたんだと思ったのです。

来店中のNさんのお話によると、幸いなことに結石の大きさが2mmで手術をするほどのサイズじゃないということで、尿管から尿と同時に排出されるのを待つしかないと病院から言われて痛み止めの薬を処方されているとのことでした。

それでNさんを通じてMさんに、『当院の整体を受けたことでMさんの体が尿管結石が排出しようとしたことが考えられます。同じ整体をする仲間にも同様の症例が数件あるので、近々にお時間が作れる時にご来店してほしい。』と伝えて頂きました。その夜、Mさんからお電話があり改めて詳しく説明をさせて頂き、3日後にご来店頂くことになりました。

Mさんがご来店された時は、痛みを薬で散らしている状態でした。Mさんはアトピーの症状もあるので、初回にご来店された時に食べ物や薬に関するお話をしていたこともあって、痛み止めの薬も出来る限り控えて欲しいとお話しながら施術を行いました。その場では変化がなかったものの、『近々に排出される可能性がありますよ!痛みが出る間は、我慢せずにご来店ください。』と伝えてその日の施術を終えました。

その日を境にMさんもNさんもご来店されず、お手紙も書いたのですがお返事も無く、『どうなっているんだろう?』と気にかけていたところ、1ヶ月経った一昨日にMさんからご予約のお電話がありました。

とても心配していたので『あれからどうなの?』と開口一番にお聞きすると、『あれから痛みが全く無くなって、お薬も飲んでいないのです。』と仰るじゃありませんか!
それで痛みも無いので病院へも行っていないらしく、結石がどうなったのかもわからないとのことです。『たぶん尿と一緒に排出されたんだと思います。』と仰るのです。

結石が排出される時に激しい痛みを伴うと聞くので、Mさんの件はどうなのかはわかりませんが、あの激痛からは開放されたようです。Mさんが仰るように、結石が排出されていることを願うしかありません。

それにしても本当に心配しました。お電話だけでも欲しかったなぁ。(笑)
最後に、私が過去に在籍していた整体塾の動画です。よければご覧ください。