脳の記憶のメカニズム

脳のメカニズムを知る

今回は、私がたまたま読んだり見たり、聞いた点のお話が中心です。
これから紹介する内容は、整体師になって『心の病は病気じゃない』
知るまでの話なので、前回のお話が少し前後します。
後付の解釈もありますが、ご了承ください。

『自分のカラダの中で、いったい何が起こっているのか?』
を理解しないで脱出を試みても、一時しのぎになります。

大切なことは、素直な気持ちで読んだり見ることです。
『こんなに上手く行くはずがない!』というイメージがあれば、
上手く行かないように具現化されるだけです。楽しく見てください!

読む前に、前置きしておきたいこととして、
私も完全に克服しているとは言えない途上です。
すべてに当てはまるかどうかの専門的な知識を持ち合わせてもいません。
たった1人でも苦痛から抜け出すキッカケになればと思っています。
以前の私なら、『お前は何もわかっちゃいない!』と反論するような
内容になるでしょう。だから、そんな人には読んでいただかなくても
結構です。私の備忘録としてお読みいただければと思います。
※当ブログは書籍のアフェリエイトではありません。
また、紹介した団体の関係者でもございせん。
詳しくお知りたい場合は、直接に関係各所にお問合せ頂きますようお願い致します。

西田文郎氏の書籍

西田文郎氏は、日本におけるイメージトレーニング研究・指導の第一人者です。
脳の研究を長年研究されて、トップアスリート・経営者などの『能力開発』で
有名な方です。(私の師匠も塾生でした)

2011年(平成23年)に、たまたま西田文郎氏の無料セミナーを拝聴する機会があった。
本来なら数十万もする内容とありましたが、東北大震災直後ということがあり、
『このままでは日本が沈没する!』という危機感から無料で開催とのことでした。

セミナーの冒頭に『この方法を決して悪用しないでください!』という念の入れよう。
使い方次第では、詐欺師にも悪徳宗教家にもなれるということでした。

話の内容は、『イメージしたことは具現化する』というお話でした。
そのイメージも具体的であれば具体的であるほど、具現化に近づくということです。

多くの書籍を出されていますが、ベストセラーになった『№1理論』が読みやすく、
脳の働き・イメージ化する方法や現実化するメカニズムがわかりやすいと思います。
セミナーの感動さめやらぬ時期に数冊購入し、楽しい未来を描いて読みました。

今のあなたが、『今後どうなりたいのか?』と考えるためにおススメです。
№1理論

当時の読んだ感想として、具現化される脳のメカニズムはとても理解できました。
実績に裏づけされたこの方法は、とても素晴らしいものです。
実践した結果、ある程度の結果が出るものの、飛びぬけた結果を出すことは
残念ながら出来ませんでした。その理由は ↓

後にわかることですが、この方法で成功するかどうかは、その人の持つ
イメージによって左右されるということが分かったのです。
幼少期に作った『人生の計画書』に成功のイメージが無かったのです。
私の場合、『成功したいと考える反面、成功・幸福への不安』があったことで、
知らず知らずのうちにブレーキをかけてしまう結果を作っていました。

小田全宏氏の書籍

小田全宏氏は、東大卒業後、松下政経塾に入塾し人間教育・人材育成を研究。
陽転思考をベースに可能性を拡げる「脳力開発アクティブブレイン」から
「リーダーシップ教育」などユーモアあふれて納得感のある講義に定評。

5年ほど前、たまたまテレビで記憶術をテーマにした番組が放送されて
知りました。それからすぐ、偶然に参加した経営セミナーの講師が
絶対記憶メソッド(アクティブブレインセミナー)のインストラクターで、
会場からランダムに発せられる言葉を一瞬で記憶したことに驚愕して、
以下の『絶対記憶メソッド』を購入しました。

ツライ状況から脱出するためのツールとしては直接には必要ないかも
知れませんが、良いイメージを記憶させることを考えるとおススメです。
絶対記憶メソッド

読んだ感想としては、『こうすると記憶できるんだ!』面白いくらい
に記憶ができました。本の中にある言葉を100個覚えることも出来ました。
それと同時に、記憶されるメカニズムに納得しました。

簡単に言えば、目の前に映るありえないこと・インパクトのある映像
記憶されやすいようです。更に記憶される時には、その時に感じた感情ごと
同時に脳のデータベースにイメージとして仕舞い込まれるそうです。
それは楽しいことも悲しいことも同じように記憶されます。

昔話に花が咲いた時には、「メンバーの顔」「情景」「その時の感情」など
をキーワードに脳から呼び起こしているってことです。

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、PTSD・トラウマ・恐怖症
などが何故起こるかということもご理解いただけるかと思います。
忘れたい記憶であるのに消せないというのは、それだけインパクトのある
映像と感情があったということが理解できます。

スミコ・グレース女史のYoutube&無料セミナー

スミコ・グレース女史は、米国ロサンゼルス在住の日本人女性。
国際コーチ連盟メンバーのNLP(神経言語プログラミング)トレーナー。ヒプノセラピスト。

5年前、たまたま歯科医師のFacebookを見て知ったスミコ・グレースさん。
以下の2つの動画を見たときに、頭に稲妻が落ちたような衝撃が走ったことを
今でも思い出します。今までの私の思考が逆転するくらいの衝撃でした。

詳しいことは不明ですが、最高レベルのNLP(神経言語プログラミング)
トレーナーであることは間違いないと思います。

東北大震災があって間もない頃、震災の影響でPTSD・恐怖症・トラウマなど
悲しみに暮れる人たちがいることを知り、被災者のケアに当たるために
米国から緊急来日をした時の動画です。

今回お話する中で、皆さんにとって一番興味深いものと思います。

ご覧になっていかがでしたでしょうか?
私の中では、一旦強く記憶したものは早々に消せないという考え方でした。
しかし、たった数分で『つらい感情』だけを消し去っています。
あなたの思い出したくないツライことも消し去ることは可能ということです。

グレースさんは、自分ひとりで出来るセッションは限られているということで、
少しでも多くの人を救えればとホームページを残されました。
中に『無料のプレゼント』があり、動画とpdfファイルが貰えるようになってます。
まずは一人で実践してみることをお勧めします。

実際やってみた結果。本当に忘れることが出来るんだと実感しました。
とても効果的な手法だと思いました。ただ、重度の人の場合は、
自分ひとりで解決するのは難しいかも?と思いました。
自分も早く消し去りたいと思う人は、NLPのセッションを受ける
のも一つの手だろうと思います。

動画の中でグレースさんが仰っていましたが、日本でのNLPは
自己啓発系のセミナー屋さんが多いらしく、治療目的のNLP
受けるならグレースさんの息のかかったところがベターでしょうね。

ツールのまとめ

2冊の書籍、それと動画とpdfファイルを見たり読んだりした方は
わかったと思いますが、脳の記憶のメカニズムに共通点がありました。

そう、アレとアレとアレです。(笑)
自分の目で確かめてくださいね!

これを自分なりに自由にコントロールできれば、ある程度の
ツライ状況はなんとかなると私は思っています。

やはり1,2回では分からないところも多くあると思いますので、
何度も何度も見ることが脱出の近道だと思います。

次回は、一番厄介な問題の解決方法です。
楽しみにしていてください。